こちら難聴・耳鳴り外来です!

きこえ、コミュニケーション、そして認知や学習などについて”聴覚評論家 中川雅文" が持論・自説を思うままにつづっています。ときどき脱線しますがご勘弁を(^^;

予告:6月いいちこホールにて市民公開講座やります!

第20回日本言語聴覚学会 「市民公開講座 1」

 

 

健康「聴」寿 ~100歳までの「認」活メソッド~ 』

 

講師 中川雅文国際医療福祉大学

 

 2017年の日本人の平均寿命は、女性は87.26歳、男性は81.09歳で過去最高を更新したことが2018年7月に厚労省から発表されました。3大死因として知られる ガン、心疾患、脳血管疾患の死亡率は低下し、医療水準も向上している現在、100歳長寿は夢物語ではないといえるのではないでしょうか。

 しかし、あらたな問題も浮上してきています。ひとつめは脳の問題。そしてもうひとつは耳の問題です。

 認知症の患者数は平成24年に高齢者の7人に1人(462万人)だったのが、平成37年には5人に1人(700万人超)になるというのです(厚労省オレンジプラン2015)。やっかいなことは認知症治療はまだまだ研究段階で決定打となる治療法のないことです。さいわいなことは、2017年に認知症の原因があきらかにされたことです(LANCET2017)。認知症の原因は、難聴の放置(9%)、学習の不足(8%)、遺伝素因(7%)、喫煙(5%)、抑うつ状態(4%)、運動不足(3%)、社会的孤立(2%)、未治療の高血圧(2%)、肥満(1%)、コントロールされていない糖尿病(1%)であることがわかってきたのです。

 もうひとつの課題は耳の健康も長寿にとってはとても大切なことです。加齢に伴い徐々に進行していく耳のこまり「難聴」も認知症同様に決め手となる治療方法がありませんが、耳対策をしっかりすることで予防したり進行を遅らせたりすることができる病態でもあります。難聴の原因は、騒音曝露、遺伝素因、中耳炎、薬剤の副作用、喫煙、肥満、運動不足、抑うつ状態、糖尿病などなど。その多くが認知症と同じ原因なのです。

 

さあ、この市民講座で、耳を守り、耳を育て、耳を鍛え、そして脳を守る今日から役立つ、耳養生と認活メソッド(認知症対策)についてをいっしょに学んでいきましょう!

 

www.congre.co.jp

 

くやしいかな完璧! 鼻うがいの決定版を堀田先生が出された。

 ニールメッドさんから依頼があり鼻うがいの新書を手がけたのは手がけたのだけど、河〇書房〇社さんも、P〇P研究所さんも、講〇社さんもうんと言ってくれない。そんな2年間が過ぎた。

咽頭炎の一般向けテキストを共著で上梓したい。そんなもんもんとした日々を送っていたわけだけど。

先日、杉田耳鼻咽喉科(JR京葉線稲毛海岸駅)に堀田先生からイラストに溢れたムックが届いた。 

慢性上咽頭炎を治せば不調が消える (扶桑社ムック)

慢性上咽頭炎を治せば不調が消える (扶桑社ムック)

 

とてもよくできた本で、それゆえに、書籍版をまず1冊、そして、いまキンドル版もかうかなと思案している。とにかく患者説明用にとてもよくできたムックなのだ。 

 

 ぼくが、鼻うがいや上咽頭処置を手がけるようになったのは2010年12月頃からだ。まもなく堀田先生の本も出た。その時すでに、この新書には、杉田先生が紹介されていた。

 この本でも紹介されている上咽頭処置を行っている耳鼻咽喉科医の1人が、JR稲毛海岸駅前でご開業されている杉田先生だ。ぼくは、この先生に、研修医の時に指導を受けた。いまでも月2回、実地医家の行う実践的医療を学ぶために、研鑽に伺っている。

8年前、すでに上咽頭炎で良好な成績を上げていらっしゃった。ぼくは、病院勤務医の立場のこともあって、通院処置で治していくと言うよりは手術的に解決しましょうという側にいるので、同じ「上咽頭」に対してであっても、EAT処置かコブレター手術かというくらい に対極の立ち居位置にいる。それだけに月2〜3回保存的治療の意義を目の当たりにできることは勉強になっている。

 

PS

実地医療として、EAT処置をしたり、上咽頭炎の診断を手がけたりしているが、基本、関心領域が耳にかたよっている。出版社の人も耳から手を広げないでくださいと言う。そんなこともあるからきっとぼくの本はずっとお蔵入りなんだろうなと思う。

平成最後の紅白歌合戦2018 イヤモニにはREMが必要!

昨日の紅白、平成最期と銘打って『祭り』が前面に打ち出されたとてもにぎやかな歌合戦として終わった。個人的には、ミーシャ、ユーミン、米津玄師を聴けたのがよかった(エンディングの桑田さんとユーミンの羽目外しは、なんか痛かったけど、(^◇^;)。ええじゃないか、ええじゃないかと人が集まり、歌い、そして踊り狂う。そんな時代が平成だったのかなと振り返るよいきっかけでもありました。

昭和のピンクレディに始まった、踊って歌う(歌は下手でも踊りはグッドな)スタイルは、どんどん人数が増えていき、AKBや欅坂みたいに40も50もで踊る。秋元座として昇華。コンテンポラリダンスそのものが、マニアのものから市民のものになったそんな30年だったよにも思います。大阪の高校生のキレキレな荻野目洋子ダンスなんかまさしくそうかなと。

そんなダンサーのような歌い手さんが繰り広げる祭りをサブちゃんやサザンやユーミンの歌唱でさらにあと押しする。

ホント、平成最期の乱痴気お祭りさわぎそんなにぎやかさをとても気持ちよく楽しみました。

米津玄師さんのような新しいスタイルの音楽が広がると紅白は変わるのかなと未来にもちょっぴり期待しました。

昨年から気になっていていよいよ確信持ってき始めたのは、NHKホール内での音声音響の悪さ。昨年あたりから気になり始めてたのですが、イヤモニしてる人の歌唱、高域がますます伸びなくなり、外からの参加者は逆に見事なまでのよい音響で歌ったいたこです。

両耳にイヤモニするようになり、明らかにダメになっているのは、ハイレゾの処理。歌い手のミミを考慮したイコライジングができてないのがその原因でないかなと。

イヤモニにもREMが必要なんだなと。

 

「耳を鍛えれば認知症はくいとめられる!(PHP研究所)」見本本届く(*^_^*)

f:id:neruo:20181227120035j:plain

耳をきたえれば認知症は食い止められる!

2月19日刊と最後のページには印刷されているので書店に並ぶのはきっと1月下旬くらいだと思う。

正式にはアマゾンには出荷しないらしくもしあってもそれは転売品であるという説明をPHPの担当者から伺った。

1冊目は、耳鼻科で修行して、神経内科の道を選んだS先生へ。

ビジネスも医学も同じだね(*^_^*)