こちら難聴・耳鳴り外来です!

きこえ、コミュニケーション、そして認知や学習などについて”聴覚評論家 中川雅文" が持論・自説を思うままにつづっています。ときどき脱線しますがご勘弁を(^^;

目が見えないことはヒトとモノを切り離し、聴こえないことは人と人を切り離す。

 

目が見えないことはヒトとモノを切り離し、聴こえないことは人と人を切り離す。

 

30年ほど前、岡本道也先生という補聴器の大家がいらっしゃった。ボクは補聴器適合判定医という資格取得のために、所沢での1週間の缶詰合宿に参加してた、その時、講師のひとりとしていらしていたのが岡本先生だった。

1週間で学んだことはたくさんあったはずだがあまり覚えていない。憶えているのは岡本先生がおっしゃった「仏の顔も三度まで」ということばくらいだ。難聴者を取り巻く隣人や家族は、一所懸命に難聴の方をケアしていても、同じことが三回続くと堪忍袋のおが切れる。三回聞き返すと相手はうんざりになる。高齢のじいさんが不機嫌なのは周囲の皆が不機嫌でそこに身を置くだけだから難聴者も不機嫌なのだとおっしゃっていた。

そのときは4人部屋の合宿だった。おかげでボクはふたりの素晴らしい耳鼻科医を友人に持つことができた。ひとりは医師会の理事まで勤められた小森先生。そしてもうひとりは、潜水艦勤務しているのだという放射能晩発障害と思しき不調を訴える若い耳鼻科医だった。彼は潜水艦の任期が終わると、離島で数年過ごし、それで年期が開けて無罪放免自由の身になれると言っていた。毎晩のように所沢の駅前の赤提灯に繰り出しあびるほどのみあかした。蛇足ながら小森先生とはその後に騒音性難聴の担当医講習会でもご一緒した。

 

閑話休題

見ることには二つのストリームがあることはこのブログでもなんどか取り上げている。

見るという行為は、シェイプと色からなんであるかを名称として捉え、重さと距離を類推する作業に集約される。雰囲気とか匂いとかよりもずっとずっと深くヒトとモノの関係を突き詰めるのがこの器官である。

いっぽうの聞くは、聞くと聴くでは大違いな情報処理をしている。

人と人をつなぐのはもちろん聴くのほうだ。聴くは同じようにその言葉からある種の名詞のようなものを導き出そうとする器官ではあるが、その時の参照は純粋に音の記憶との参照手続きとなる。記憶を手掛かりに聞いたことばから聴こえを生み出すのである。参照する情報には、単語の意味も当然必要であるがそれ以上に、音から縁上回や角回というニュアンスやムードを感じ取る部分がおおいに働くことで聴こえが生まれてくる。

参照をベースにするということは、関係性のリフレインを参照していると言って良いだろう。聴覚がコミュニケーションの要とはそうした意味からのことなのだろう。

 

冒頭に紹介したネット記事はもちろん企業のプロパガンダ的広告であるから注意して読み込む必要があるが、この記事では55歳から夫婦の危機が来るという話を書いているから読まないわけにもいかない。軽度難聴でも仏の顔も三度まで。

58歳の財務次官の話題で盛り上がっている今日ではあるけども、つまりは55過ぎた男は聞こえていない。静寂のなかでひとりさみしく過ごしていて、若者ことばを聞き取れず不用意な親父ギャグを連発していたのだろうと。カーソンマッカラーズの心は孤独な狩人に出て来る聾の主人公とたいして変わらない。

55歳とはもうすでに老境に達しているのだと思う。

 

耳と脳 臨床聴覚コミュニケーション学試論

耳と脳 臨床聴覚コミュニケーション学試論

 
「耳の不調」が脳までダメにする (講談社+α新書)

「耳の不調」が脳までダメにする (講談社+α新書)

 

 

 

視覚、聴覚、そして体性感覚から学ぶということ。

 

耳掃除のしすぎは何のサインなのか?

耳垢栓塞:過度の耳掃除に注意を 過去最多、難聴の原因に - 毎日新聞

f:id:neruo:20180404122525p:plain

  • 基本的に耳掃除をする必要はない

2/26にあさイチでご一緒させていただいた慶応大学の小川教授の談によると、耳掃除は一切しなくてよいらしい。「四足動物のだれも耳掃除はしていない。それでも困りはない。つまり、同じほ乳類のわれわれもしなくてよい。」というお話だった(リハーサルの談)。

  • 耳垢がつまるだけで軽中度難聴くらいまで聞こえなくなることもある

耳垢がつまるのにはいろんな理由がある。お風呂やプールで潜ったりしたときに耳に水が入ると、耳垢が溶けて奥まで流れ込んでしまう。それが乾燥してしまうのをくり返すうちに耳垢栓塞になる。耳栓をしたのと同じ効果で聞こえは30dB以上悪くなってしまうこともある。

聞き返しが多くなったら、老人性難聴よりもこの耳垢塞栓を疑うのが現実にはリーズナブルだ。

  • 耳にはいろんな神経があつまっている

耳の周囲にはいろんな神経や経絡があつまっている。そのおかげで耳のツボを触るだけで全身の問題を改善することができることが少なくない。耳を触る(指圧)することでいろんな効能が期待できる。耳にあつまる神経のうちいちばんいろんなところに影響を及ぼすのが迷走神経(耳介神経)である。

  • 咳と耳の不思議な関係 〜アーノルド(Arnold)反射〜

耳にある感覚神経の枝は、喉のイガイガ感を感じ取る神経と根っこが同じである。そのため耳の刺激を脳が喉の刺激と思うそんな錯感覚が生まれやすい状況を2〜3割の人がもっている。そう耳を触ると咳き込む現象のことだ。耳掃除で外耳道をごりごりするとその触った感じを脳は喉のあたりでもぞもぞやっていると誤認させ、咳発作でそのもぞもぞをはき出そうとする。それがアーノルド(Arnold)反射なのだ。

  • 耳を触るとなぜやすらぐ(おちつく)のか

 つづく・・・・

 

 

難聴と認知症 ふたたび

 

f:id:neruo:20180329185133p:plain

広告を非表示にする

耳の日に絡んでオンエアで耳のこと・・・

遅ればせながらの報告です。

2月26日月曜日NHK「あさいち」にコメンテイターとして出演してきました。

テーマは「もしかして老け耳かも」。

f:id:neruo:20180310132046j:plain

f:id:neruo:20180310132055j:plain

 写真は、知り合いの先生がテレビ画面を撮影したもの。

流ちょうに話しているように見えますが、実は、しっかり23日の金曜日にリハーサルしてました。

同じセットでおなじお話しをしたうえでの登壇なので落ち着いて参戦することができました。

ただしリハーサルの時は、ほんものの有働さんもホンモノのイノッチもいません。スタッフさんが有働さんという名札を首から提げて、「私を有働さんと思って話しかけてください」とか、「ボクがなんちゃっていのっちです」というメンバー構成でのリハでした。 

f:id:neruo:20180225205229j:plain

当日朝は首都高速での交通事故渋滞で、スタジオ入りが45分遅れという一騒動がありましたがスタッフさんのみごとな対応でメイクもそつなく、スタジオ入りもスムースにおえることができました。

 

PS さて収録も終わり、放送センターから渋谷駅に向かう道中。一瞬、あたりがものものしい雰囲気になりました。遠くから線香の香り。なにかと向かってみると2.26事件の記念碑がそこにはあります。そしてその周囲におびただしい数のこわもてのおじさんが起立して、静かに黙祷してたのです。さすがのぼくもその場の空気の重さに立ち止まることもできず、こころで黙祷しながらそそくさとそこをたちさってしまいました。

WHO勧告 2017年5月31日文書の日本語訳から抜粋

WHOが昨年5月31日にアナウンスした勧告文の日本語版を見つけたのでその抜粋を少しばかり。

 

 

www9.nhk.or.jp

miru-kiku.jp

こんな感じのミスリードがいたるところにあります。

その大きな勘違いを生み出したのは、

おそらく

難聴と認知症・うつ病に関する国際シンポジウム

このイベントではなかったかと。

800名近い聴衆のあつまる非常に有意義な会議でしたが、英語のスピーカーのお話がどうもただしく理解されなかった気配にあふれています。

https://www.signia.jp/2017/04/04/nantyobyouki/

外資系の補聴器企業ですらこのようなスタイルの宣伝ですからどうにもなりません。

「この2年でムンプス難聴336人、先進国でもっとも悪いデータ」と日耳鼻も真っ青なくらいに国民の意識は低い。

www.m3.com

u-s-d.co.jp

 

ぼくは2011年からこの企業に目をつけています。

 

earlogic.com