読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こちら難聴・耳鳴り外来です!

きこえ、コミュニケーション、そして認知や学習などについて”聴覚評論家 中川雅文" が持論・自説を思うままにつづっています。ときどき脱線しますがご勘弁を(^^;

補聴器市場はどう動くか・・・

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/0/0f/Diffusionofideas.PNG

 

イノベーションの普及理論

ここで引用した画像はロジャースによる普及プロセスのグラフ。

グラフの意味するところは、

  • 先駆者とか目新しいもの好きというのはおよそ2.5%、
  • 時代の先を行ってるねと言われるようなアンテナを張っている人の割合は13.5%、
  • 普及しはじめるとあっという間に 34%+34%=68%とまで広がってしまう。
  • だけどもいつも偏屈というか時代に流されない連中というのはいるものでそれは以外にも16%もいるよ

というのがロジャースの説だ。

つまりものごとは普及しても84%が上限だし、2.5%未満のひとにしか支持されていないときはまだキワモノなんだよということになる。

そうした視点からイノベーションの成否を見極めることができる。

イノベーションを支援するクラウドファンディングという仕組みはだからよくできた仕掛だ。最初の2.5%を得ることが出来るか否かを簡単に世界の中にいる顧客に直接問いかけることができ知ることができるから合理的だ。

投資家はロジャースの理論をわかりやすくクラウドファンディングで実践しているといったほうが正しいのかも知れない。

 

→20170117追記 ここでロジャースが議論しているのは、フォーカスグループと見なせる集団内でのレスポンスのことである。

 補聴器は普及するか

難聴の現状|ワイデックスがお届けする難聴と補聴器の総合サイト「みみから。」

 

このサイトによると日本の難聴人口は2000万人弱で人口の15.2%に達するらしい。

難聴という問題はイノベーション普及カーブからみればすでにMajorな領域に入っていることを意味している。もはや難聴であることは珍しいことではなくなったということになる。

普及という視点、ファッションとか差別・区別みたいな物差しからもう一度この数字の意味を考えてみる。

  • 1%erの意見は嫌われる(疎んじられる)
  • 3%erの意見も良くも悪しくも目立つ奇抜なスタイルと受け止められる
  • ところが20%を超えると普通に見えてくる。

ということになる。

例えばアデランスやリーブ21が急成長したのは、今よりももう少し前の時代だ。

リタイアして達観したハゲのひとがかぶったり増毛したりしなくなったから彼らの勢いは昔ほどじゃない。おまけにトレンディエンジェルみたいなお笑いも市民権を得るようになったからかぶらない理由はいくらでもある。

世代毎のハゲの割合が増えたのではないが、高齢者が増えてハゲの実数が増えてきて、リタイヤ組がかぶらなくなって、つまりハゲのカミングアウトというかコモディティ化がすすんだというふうに理解しても良いように思う。

おなじことがきっと難聴でも起こるはずだと思う。

難聴であることがメジャーな時代

難聴という障害があたりまえになってくるとはどんな時代なのだろうか。

健康寿命がおよそ100歳までいくようになってしまうと本気で「まだ難聴じゃないんだ」なんて会話が成立する時代になってくるだろう。

そんな時代をおしはかるべく、まずは難聴でどんな困りが生まれるかすこし整理してみたい。

  • 小さな音が聞こえないので途切れ途切れに聞こえてしまい単語や文の意味を性格に捉えるのに苦労するようになる。
  • 雑音下での聴き取りが悪くなるが一方で雑音がある方が聞き取りやすいというような状況も生まれる。
  • 音の方向感が失われる。
  • 甲高い女性の声やこどもの声が苦手になる。
  • あたらしいことばを覚えるのに一苦労する。

こうした問題を抱える人が、20〜25%くらいの割合でいつも自分の周りにいるという状況が生まれることになる。そのほとんどは65歳以上の悠々次的な老人である。

だから、自身が補聴器を使うと言う行動をとるよりも

  • はっきりはきはきと話してくれるスタッフのいる場所を好むようになる。
  • 雑音のある場所では聞くことをあきらめる(電車の中ではすぐに図書の精読モードに切り替えるとかイヤホンではなくあからさまにわかるようにヘッドホンをする、このとき実際には音楽を聞いていないかも知れません。)
  • 近くに託児所や保育園を作るなと騒ぐようになる
  • 最近の話題について行けず、自身の記憶の衰えについてすこし心配しはじめる。

ということになる。おんなこどもは無視され、ハスキーな声の女性がモテはじめるそんな時代が始まってくるだろうと。おひとり様の時代ということもあって家庭内コミュニケーションのために補聴器をつけると言う人はこの5年でも激減しています。それほどに孤立しています。ですから孤立した高齢者は補聴器を買わなくなります。店員がはきはきしているところにいけばいいかなと思うようになります。

 

こうやって考えてみるとぼくの頭のなかのどこにも補聴器が出てこないのです💦

だからぼくはユニバーサルサウンドデザイン社の時代ではないかと考えているわけです。

ユニバーサル・サウンドデザイン株式会社 | comuoon

 

 

 

 

学問に自由はない、あるのは利益相反行為的事由だけである!?

相関と因果関係。

f:id:neruo:20170116124036p:plain

(本文と写真は関係ありません)

 

  • 年を取ると耳が悪くなる。
  • 難聴の原因は、騒音と高血圧である。
  • 難聴の原因は、遺伝素因と薬剤性の内耳毒によるものと感染症がある
  • 認知機能の低下している人は脳が萎縮している。
  • 難聴のあるひとはうつ傾向がある。
  • 難聴のあるひとは認知機能が悪い。
  • 難聴のある老人男性はうつになりやすい。

こうした事象はしばしばどこに置いても観察される。

経年変化による機能の劣化は自己回復とか自己修復に対する対処がなされていないことで生じる。例えば、マバン族は高齢になっても難聴になるひとはいなかったし、日本にも数%のスーパー聴力高齢者がいる。なによりマバン族の部落に道路が開通した後は、マバン族にもメタボが生まれ、難聴も進むようになった。

高血圧は動脈硬化とリンクしているから体のすべての臓器の不調の原因である。運動不足や食塩の取り過ぎなどが原因とされているが家族性遺伝性もかなりの割合がある。

難聴が遺伝素因や内耳毒性のある薬剤の使用などで生じる。毒性があるとわかれば市場から駆逐されるが、新薬だとわかるまでに時間もかかるだからこれはなかなか回避しがたい。

脳の大きさと知能の問題は古くから議論されている。森満保先生のなぜこどもは勉強しないといけないのか 人工内耳からわかった耳と脳のはなし のなかでも脳容積のことがいろいろと書かれている。しかし、残念というかやっぱりというか、脳の大きさと知能には相関があるようにみえてもほとんど因果関係はないことがわかっている。すくなくともMRIで形態をみることでなにかを言い切ることはほとんど意味がない。脳の大きさと機能についての神経神話はいまだに広くはびこっていて医者でさえもそれを信じているのがいるからやっかいだ。

機能的MRIやPETで機能からみた脳地図と脳萎縮の程度には相関が見られるかも知れないが因果関係はないというのが現代神経科学の基本的な考え方である。

難聴とうつあるいは難聴と認知機能という問題も同じように解釈が難しい。相関はありそうだが因果関係は云々できないというのが正しい考え方のように思う。難聴があれば会話が聞き間違えたり聞き取れずで日常的なストレスは高まる。それだけでもコミュニケーションエラーにともなう抑うつ気分になってしまうだろう。認知機能検査で使用されるMMSEなどの質問紙は基本的にきこえるヒトを対象に行っている検査だから難聴者にとっては不利な問題が少なくない。実際、最近の認知機能検査は、MMSEとかだけじゃなくてバーゼルインデックスとかやる気スコアでの評価もあわせて行うというスタイルになっている。難聴を放置すると認知機能がわるいとかうつ傾向があるという風に解釈されやすいから積極的に補聴器を活用してもっとみんなと濃いコミュニケーションとりましょうねというくらいならいえるとおもうが、補聴器で認知症を予防しようというのはすこし飛躍しすぎなように思う。

なんだかうつと認知症の予防手段のようなニュアンスでいっきに盛り上がっている感、満載であるけどもそれってどうよという感じをどうしても払拭できない。

トドメは難聴老人男性はうつになりやすいというもの。同じ調査が米国では女性がなりやすいに大幅に変わってしまった。こうした差異は、生活スタイルや文化あるいは食事などいろんなものの影響を受けている。

(つづく)

 

 

大好きな宇和島の麦味噌のこと。

 

健康長寿時代に難聴がクローズアァプされた理由。

結論から言うと、耳鼻科医の怠慢に他ならない。

あらゆるアンチエイジングが進む時代にあって、あまりに無策放置してきたからにすぎない。

やっと難聴に関心がむいたのではなく、世間は今頃なにさと怒っている。そう捉えるべき問題。

昨日の難聴と認知症とうつに関するシンポジウムは論点がいまひとつはっきりしなかぅた。

なにやら官民挙げての販促集会みたいで中途退席した。

難聴者の割合が2割に達するかもしれない社会で個のレベルでの補償を議論するのはマーケティング的にありえない。

 

リオンじゃなくて、ユニバーサルサウンドデザイン社こそが本領発揮すべき時代がやってきたんだと思う。

u-s-d.co.jp

www.rionet.jp

‪#難聴と認知症とうつに関するシンポジウム‬

 

フェイクニュース問題を考える。

メール問題とロシアのハッキング

Clintonのメール問題に端を発した誹謗中傷に満ちあふれた大統領選挙は、得票数でClinton、選挙人数でトランプというミスマッチのなか、トランプの勝利という展開となった(そういえば2016年の紅白歌合戦も同じように総得票でダントツの白が選挙人によってひるがえされました)。

2009年チェンジを訴え、8年間、ひたすら変化を起こしてきたオバマの政策に最初は「期待したけど結局はねぇ」とNoを言う人が少なからずいたことがトランプの勝利につながったことは疑いようもない。

もちろんABテスト的な2択となってしまうアメリカの大統領選挙が、システム1ポリティクスに陥ってしまった感はいなめない。ここで注意すべきと言うかおもしろいことは、システム1ポリティクス つまりリザード脳で判断する仕組みでものごとが決まったとたんに理性的なはずのマスメディアまでもがヒステリックになってきているという事実である。

 

トランプは初の演説で、CNNの記者の質問をさえぎった。彼は、かれらの報道姿勢に疑問を呈し、そうした正しく伝える力のない報道機関の質問には答える必要もないと対応した。

 

報道の信頼性がこれほど壊れた時代はない!?

Clintonが不適切にも私的メールと機密メールをごちゃ混ぜにしたことは大問題である。このことだけでも彼女にある種の資質が根本的に欠けていることは疑いようもない。だけどもそのことについてClinton寄りの人たちはたいした問題ではないと擁護する姿勢を崩さない。

だけども私的アカウントを使っていたと言う事実は、ハッカーにとっては美味しい材料である。簡単にハッキングできる可能性がいっそう高まるからである。

インターネットにある情報は、玉石混淆であるし、ホントもウソも同じくらい溢れている。だから、その情報を慎重にひろいあげ、正しく評価する必要がある。

単にインターネットリテラシーに造指が深いと言うだけでは不十分であって、情報そのものを的確にジャッジできるだけの専門家でしか、それに対するオピニオンは展開できないといっても過言ではないと思う。

日本でも大手企業が取り扱っていた健康情報サイトそのものがすべて取り下げられるという事態があったように、とにもかくにも情報をネット上に挙げ続けておくと言うことはとてもリスクがある。

ファクトかオピニオンか

報道は、本来、エビデンスをひろいあげ、その中にあるファクトを伝える作業である。しかし、そこにわかりやすさを与えるため しばしば報道には オピニオンがちりばめられることになる。

信頼するあるいは好印象のキャスターの発するオピニオンに対してはついつい判官贔屓になりがちだ。久米宏古舘伊知郎は報道のなかにたくみにオピニオンというふりかけをかける天才であったが、いずれも視聴者の反応に対する読み違えで立場を失い、番組から静かに退場している。

規制のゆるいインターネットめでぃあでは、オピニオンが満載である。書き手の独善的予見や期待に満ちあふれている(この記事だってそんなもののひとつに過ぎない)。

いずれにしても報道にオピニオンが入るとうさんくさくなる。

 

大本営発表はファクトか?

「ロシアのハッキングによってトランプに有利となった。」とする情報はしんぴょうせい性が高いとする見解を政府が公式文書で示したとCNNは得意げに報道した。

そこにエビデンスはない。その情報は「疑い」であってファクトではない。

フェイクニュースと大本営発表の間にある違いは自閉症スペクトラム障害におけるオレンジジュース理論「90%ウソはウソですか?では、50%ウソはうそですかホントですか?ではでは3%ウソはホントですか?」同様にどれも真実ではない。

 

トランプ大統領予定者の演説後の質疑王応答の場面で、もはや既存マスメディアは自壊していくしかないことを悟らされてしまった。

 

もはやファクトもオピニオンも外部には存在しない。確固たる自身がファクトでありオピニオンであるべき時代なのだと。

 

参考資料)

System1 politics

アメリカ大統領選サイバー攻撃、ロシアへの報復措置発表へ | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

クリティカルシンキングの基礎:「事実」と「意見」を区別する訓練|がんばらないバイリンガル育児