読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こちら難聴・耳鳴り外来です!

きこえ、コミュニケーション、そして認知や学習などについて”聴覚評論家 中川雅文" が持論・自説を思うままにつづっています。ときどき脱線しますがご勘弁を(^^;

英語の学び方について

Kindleプライム無料本で今月は「英語は五歳児の日本語で、、、」を読み始めた。
留学しても話せない。
アメリカ人の友だちをつくるのは大変。
圧倒的に日本語の辞書の方が大きいのだから英語は言い換えしかないよ。
というような切り口でこの本は始まった。

自分自身を振り返ってみると、なぜに英会話がそこそこできるかというと、それは、ひとつには、家族を連れて留学したことが大きいかたのかなと。
幼稚園の先生と話さなきゃいけないから兎にも角にもその手の英会話を学んだ。友だちも遊びに来るし、当番でイベントの時は引率もしなきゃいけない。五歳児英会話を学ぶことはかなりできた。
留学先ではもっぱらパソコンの前でコマンド打つ作業がほとんどだから英会話をする時間なんてなかった。
座ってばかりじゃダメだと思い現地の人が教える合気道道場に通うことにした。
イタリア系のアメリカ人の道場長はもちろん親日だし、弟子のほとんどは日本人の友だちが欲しい。ホームパーティにも誘われ随分フランクに英語を使うチャンスに巡り会えた。

考えるにラボには一人もアメリカ人はいなかったインド人と中国人ばかり。
留学が語学力を高めるというのは全くもって真実から程遠い。