こちら難聴・耳鳴り外来です!

きこえ、コミュニケーション、そして認知や学習などについて”聴覚評論家 中川雅文" が持論・自説を思うままにつづっています。ときどき脱線しますがご勘弁を(^^;

老後に困るのはどっち? プレジデント2018年1月1日号で耳の取材受けました。

 

PRESIDENT (プレジデント) 2018年1/1号(老後に困るのはどっち?)

PRESIDENT (プレジデント) 2018年1/1号(老後に困るのはどっち?)

 

 

第5回宮古島神経科学カンファレンスも無事終了。

毎年11月に宮古島に赴くということを5年も続けてしまいました。

長期予報では雨と言うことでしたが、いざついてみるとそこには南国の空が待っていてくれました。

 

いろいろと耳鼻科医という枠の中では消して学ぶことのできな情報得ることができました。大学が専門学校になっていくのと同じように、専門医制度もおかしなことになってきています。学問というものの枠組みはけして強固な壁ではなくあいまいなものなのに偉くなってしまった老人は自分の過去のモデルの中に若い人たちを閉じ込めようとふるまってしまう。この国は本当に老害ばかりめにつくようになってしまったなと残念に感じるこの頃です。

#言語を考える

耳鳴りのまとめ2017

https://medicalnote.jp/contents/171013-001-IB

https://medicalnote.jp/contents/171013-002-UN

 

 

2017-11-13追記

KRP-209 (ネラメキサン)の開発が中止になりました。「中枢における可塑性の発現によって耳鳴への認知が高まる」それを遮断する薬と言うことでしたが、それを断ち切っても耳鳴は消えないということのようです。

TRTはあまり効いた感じしないけどCBTはスゴイよみたいな風潮がありますが、おそらくTRTにCBT入れてるかたとそうでない方の違いなんだと思う。

第63回日本聴覚医学会イン博多も無事終了(^O^)

今年も無事、オージオロギ学会に参加しました。

自分とっては、研究の原点ということでほぼ欠かさず参加しています(山口は出なかったけどそれ以外は出ています)。

当院からは3演題を出させていただきました。

今回初参加の臨床検査技師のシブちゃん、2回目の発表となる言語聴覚士のワクさん、そしてぼくの三つ。

シブちゃんのは、SR DECAYというマニアックな検査の臨床統計で、ワクさんはいつもの調子で言語聴覚士いるとこんなに先生ハッピーになれますよ的プロパガンダでした。

ぼくの発表は、このブログでも何度か紹介している正しいテレビの視聴位置という話題提供的発表。フロアの中には本当にそんなこと存じ上げいませんでいた。「これまでテレビのためだけに補聴器買わせたきたかも((((;゚Д゚)))))))」みたいな声も質疑応答後に聞かせていただけました。

内容はぜひオージオロギー誌をみて確認いただければと。

恒例の補聴器研究会にも足をのばし、しっかり二日間学んで来ました。

 

f:id:neruo:20171022131221j:image

天神にあるもつ鍋一藤 ★★★★☆

f:id:neruo:20171022131241j:image

中央区役所裏のひるよるとかいう居酒屋さんの博多ラーメン  ★★★★★

https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400104/40000149/

https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400104/40045755/

f:id:neruo:20171022131312j:image

改装したばかりの海の中道にある水族館は、美ら海水族館にも負けないくらいに楽しいところでした。

 

来年は、神戸、内藤先生が会長ということで、おおいにたのしみにしています。

みなさん来年は神戸ビーフ食べましょうね〜〜(^O^)